ラ・ビーダについて

 

ご挨拶

 

有限会社ラ・ビーダ 代表取締役 渡部信一郎

 

「食べる」「眠る」「くつろぐ」。日々の暮らしのなかで、人の肌が触れる場所に必ずあるもの、それが家具です。

家具屋を継いで30余年。職人であった祖父や父の背なかを追いながら、日本の民藝やヨーロッパの骨董、デンマークの家具に触れ、それぞれの国の文化を理解することで、家具と人、自然との関わりを学んできました。なかでも近年は北欧の人々の、心地よい空間や時間を大切にする「ヒュッゲ」な暮らしに強く共感しています。

家族や友人との時間を大切にし、自然を身近に感じつつ、毎日使うものはじっくり選び長く使い、心地よい空間をつくり、シンプルにミニマムに暮らす。ここで鍵となるのが木の家具の存在です。日本が世界に誇る良質な広葉樹材を地元の職人の伝統技術で家具にすることで、日本の風土に合った「ヒュッゲ」な暮らしが提案できると考えています。

奥会津や北東北、北海道大雪山系の森に育った樹齢数百年の大木が、森を知り尽くした「木こり」によって切り出され、卓越した鑑定能力をもつ「木挽き」によって製材され、熟練の職人たちの丹念な作業によって家具として新たな命を授かります。
戦後の拡大造林で大量に植林されたスギやヒノキも、職人が手をかけることで、新たな命を授かります。

こうして生まれた家具は、素材の木が森で育った時間と同じだけ、そしてそれ以上の時間にわたって使い続けることができるのです。

日々の暮らしのなかで、家具を通して木という素材に触れ、心地よい時間を過ごし、職人の高い技術を感じることで、この国の森と木に関わる仕事に”再生”と”発展”、”循環”をもたらしたい、それがラ・ビーダの願いです。

ラ・ビーダ
渡部信一郎

 

instagram

ラ・ビーダ instagram

 

ラ・ビーダのミッション

使 命

私たちのミッションはよりよい地球環境を、未来へつなぐ暮らしをデザインすること。
そのために、5つの信条を軸心にデザインしていきます。

1. 地球環境を考えたエコロジーな暮らし
【 ecology 】

地球も人も共生する持続可能な暮らし。自世代消費から次世代投資へ。

2. より少なく、より豊かな暮らし
【 less is more 】

自分を見つめると見えてくる Quality Of Life。

3. 職人気質の在る暮らし
【 craftmanship 】

暮らす人への想いを込めたホンモノは世代を超えて伝わっていく。

4. 家具屋 90 年の知恵が生きた暮らし
【 wisdom 】

日本と世界の木工文化に精通した家具屋 90 年の知恵を源泉にデザインする。

5.デザインのある暮らし
【 design 】

生きる喜びを感じる暮らしをデザインする。

 

ラ・ビーダのクレド

行動指針

私たちは、自然・人・未来を思いやる心を大切にします。

私たちは、話す・聞く・受け取る コミュニケーションの基本を大切にします。

私たちは、不安を安心に、そしてさらにわくわくに変えるため、体験・体感サービスを提供します。

私たちは、探究心・好奇心・向上心をもって暮らしの理想像を追求します。

私たちは、ライフ&わくわくバランスを大切にし、誰よりも暮らしを楽しみ、暮らしを楽しむ本質をお客様に提案します。

私たちは、お客様の暮らしの最適化を図るため、チームそれぞれの力を最大に活かし、スタッフ連携を強めます。